すいかっぱら 

三十分くらいの昼寝
自分のいびきで起きたYO

起きてから、食べたいというわけではないままに
消費しなければならない「すいか」DEしゃぷしゃぷ水分補給

むだにおなかが膨れ
夕食たべられない危機?

食べられるけれど、空腹ではないところに何かを詰めるという腹塩梅

舌はピザとか焼肉とかパンチのあるものがたべたいらしいけれど
この豪雨のさなか、ピザ頼んだら、悪魔だろうな、とか
しかも、ピザ食べたらさらに腹が膨れるだけで
余計に別な味を欲してしまうんじゃないかなという冷静な判断により

我慢してみた

すいかを食べてなければ起こらなかったであろう欲求不満
でも、あと三四日はすいかごり押し 

かわいいけど 

就寝前の読書タイム
いつもならとっくに眠っているはずのニャーが
ふにゃふにゃいいながらやってきて
ころりと、おなかのあたりに横たわる

え?今日のご寝所はここ?

涼しいけれど肌寒いというほどではなく

寝相に自信のない人間ちゃん、つぶさないように
縦三分の一スペースを明け渡す

本は閉じ、消灯したけれど
緊張して眠れない

しばらくしてニャーはお夜食の時間
やれやれこれでお一人様就寝できるかと油断させておいて

戻ってきた

なんなの?甘えたいの?
慣れないことされると少し心配

寝たのかよくわからない一晩が明けるころ
ニャーはソファへお引越し

ふぅ

蔵書 

本棚一つ分を処分してみようと
かびっぽい古い本を積み上げ、束ね
タイトルを見ながら、もう一度読み返してから捨てよう、読んだけど覚えてないな、とか
結構時間がかかった

今日だけでおよそ400冊
これでも本棚の三分の一ほどかな

と、いうことは我が家にはどれだけ本があるのーーーー 

マスクと手袋が必要だから涼しい日でよかった
年内には本棚一つ処分してやる 

しゃくにさわる 

かき氷機を所望のおやじさんのため
こういうのはどうだ、こっちがいいか、いや、そっちか
数日にも及ぶ電話での商品解説

ふわふわ氷が削れるというたいそうなものとシロップまで注文してあげて
ああ、来週には食べられるのだな、と悦に入ったものの

我が家にはとどかないという現実に舌がついてこれていない

なーんだ 

デッドラインは今日じゃなくて、月曜じゃないか
24時間得しちゃった

って、気が付くのが遅かったから、終わってるけど

昨日知っていたらビールがまんしなかったのに…